受付時間:平日(月~金)9:00~18:00
休業日:土日祝
土日祝でも事前予約で、ご相談を承っております

帰化申請の必要書類
帰化申請の必要書類

帰化申請の必要書類(給与所得者の方)

帰化申請の必要書類
(給与所得者の方)

帰化申請の最初のステップは、法務局に赴き、ご自身の現在のご家族構成やお仕事状況を伝えた上で、必要書類一覧表を手渡してもらうことから始まります。

【自営業者の方、会社経営者の方】はこちら

まず、会社員の方が帰化申請をする場合に、必要な書類を見ていきましょう。

給与所得者

(会社員で、社会保険や税金がお給料から天引きされている方)

帰化許可申請書
法務局指定のフォーマットがございます。
証明写真5cm×5cmが2枚必要です。
親族の概要を記載した書面
法務局指定のフォーマットがございます。
国内、海外におられるご親族の記載が必要です。(配偶者のご両親まで)
履歴書
法務局指定のフォーマットがございます。
15歳未満のお子様は、不要です。
出生から現在までの、学歴、職歴、身分関係(結婚、離婚、子の出生など)を記載します。
帰化の動機書
特別永住者の方は不要です。
日本語での作成が必要です。
当事務所は、先ずはご自身で作成していただくようお願いしております。面接の際、この動機書をベースに質問されることがあるからです。ご自身の帰化に対する思いを、是非動機書にぶつけてみてください。
作成後は、当事務所にてチェックを行い、提出可能な状態に仕上げます。
本国の書類と翻訳文
各国で提出する書類は異なります。
 国籍証明書、出生証明書、婚姻証明書、死亡証明書、家族関係証明書など
パスポートのコピー
現在お持ちのもの、古いもの全て提出が必要です。
出生届出事項記載証明書、婚姻届出記載事項証明書など
日本で生まれ、日本の公的機関に出生届を提出された方
日本の公的機関に婚姻届を提出された方
日本の戸籍謄本、住民票など
配偶者が日本人の方、ご家族(ご両親、ご兄弟姉妹)で既に帰化をされた方
生計の概要を記載した書面
法務局指定のフォーマットがございます。
収入欄は、所得のあるご家族皆さまの記載が必要です。
在勤・給与証明書
法務局指定のフォーマットがございます。
特別永住者の方は、給与明細書のコピーで代替可能な場合がございます。
直近年度の源泉徴収票
所得のあるご家族皆さまのものが必要です。
直近年度の課税(所得)証明書
所得のあるご家族皆さまのものが必要です。
納税証明書(住民税を完納している年度のもの)
所得のあるご家族皆さまのものが必要です。
運転記録証明書(5年分)
法務局によって書類の有効期限が違いますので、注意が必要です。
運転免許証のコピー
表裏両面のコピーが必要です。
最終学歴の卒業証書のコピー
特別永住者の方は、不要な場合がございます。
卒業証明書は、原本が必要な場合がございます。
ご自宅の登記簿謄本、もしくは賃貸契約書のコピー
ご自宅付近、勤務先付近の略図
その他、預貯金通帳のコピー、健康保険証のコピー、児童手当通知書などのコピー

※ 注意

  

会社員の方でも、会社のお給料以外に収入がある方(副業や不動産収入など)は、確定申告書のコピー、納税証明書などの提出が必要になります。

また、書類によっては、取得してから3か月以内ものを提出しなければならないなど、有効期限があるものもございます。

上記は、一例です。お客様の状況により、法務局の審査官より追加書類を求められる場合がございます。
当事務所では、お客様にご負担がかからないよう、公的機関発行のものは代理取得して、スムーズに申請ができるよう、全力でサポートさせて頂きます。